ホーム 建材 肥料 土木 ミネラルフーズ 研究開発 会社情報 石灰について 採用情報
しっくいとは
製品情報
しっくい
仕上げ材
消石灰・ドロプラ
白セメント系
軽量モルタル
屋根しっくい
補助材
スポーツ関連資材

施工例
住宅
教育機関
公共施設
商業施設
寺社仏閣

リンク集

資料請求
マリンライム
村樫のしっくい
エンゼルプラスター
MKプラスター
MK下地シート
ホーム>建材>製品情報>システィーナ
システィーナの画像
住空間をやさしく包む、ハイブリッド型建材
ゼオライト、石灰の2種類の天然鉱物を主原料としています。それぞれの特長により、優れた性能を発揮します。
システィーナの原料 ゼオライト 石灰
Sistinaの優れた性能
地の画像
調湿機能の向上 〈システィーナ〉は、クロス、しっくいに比べて高い調湿性を示し、吸放湿量は「JIS A6909 薄付仕上塗材の調湿形」の品質に適合します。これは、主原料のゼオライト、消石灰が多孔質素材であることに由来し、図のように孔が水分を溜めたり放出したりすることで、室内の湿度を一定に保ち、結露を防止します。 吸放湿
〈システィーナ〉とその他の壁材の吸放湿性能 〈システィーナ〉の吸放湿性能をしっくい、クロスと比較したグラフが右図となります。
クロスはもとより、調湿性に優れるしっくいと比較しても約1.5倍の調湿効果を発揮していることがわかります。
〈システィーナ〉の有する吸放湿量93g/m²とは、六畳一間に換算すると、1日で2.3リットルの水分を吸収、または放出できることを意味しています。

[測定条件]JIS A 6909吸放湿性試験による
◇24時間湿潤状態(温度23±2℃、湿度90±5%)
◇24時間乾燥状態(温度23±2℃、湿度45±5%)
上記条件で繰り返し測定。
JIS A 6909 吸放湿性能グラフ システィーナ しっくい クロス
地の画像
意匠性 二つの異なる産地のゼオライトを使用し、[ホワイト][アイボリー]の自然を基調とする2色が生まれました。左官職人の高い技術により、空間をやさしく包む、美しい壁肌を表現できます。 壁面イメージ 左官イラスト
地の画像
HCHO吸着分解 〈システィーナ〉の主原料である消石灰には、ホルムアルデヒドを吸着・分解する機能があります。〈システィーナ〉を採用することで、ホルムアルデヒドから体を守ることができます。 ホルムアルデヒド吸着分解 ホルムアルデヒドとは、家具や建築資材、壁紙の接着剤などに含まれ、目や気道に刺激を与える化学物質です。このホルムアルデヒドが消石灰と接触すると、図のように反応して無害化されます。
地の画像
消臭性能 目でみることはできませんが、ゼオライトと消石灰の表面には"孔"という空洞が多数存在します。この孔が臭いの原因物質を吸着し、臭気を消してくれます。 消臭性能グラフ 硫化水素(腐敗臭) トリメチルアミン(魚臭)
右記の実験により、腐敗臭、魚臭が3時間後には1%以下にまで低減することがわかります。 [試験方法]10×10cmのガラス基板に〈システィーナ〉(対照検体:ガラス基板)を塗り付けたサンプルを5リットルのテドラーバッグに入れ、所定濃度に調整したガスを注入し、残存ガス濃度を測定。
地の画像
F☆☆☆☆対応[登録番号:1412009] 建築基準法では、ホルムアルデヒドを放散する建材の使用を面積で制限しています。
〈システィーナ〉は規制の対象外であり、ホルムアルデヒド放散に関し、使用面積の制限を受けない「F☆☆☆☆」に対応しています。
F☆☆☆☆
地の画像
自然素材100% 〈システィーナ〉は、100%天然素材で作られているため、VOC(揮発性有機化合物)などの身体に有害な物質を一切含みません。
〈システィーナ〉は、自然のちからを利用して固まります。主原料である消石灰が炭酸ガス(二酸化炭素)を取り込むことで硬化します。
自然素材100%
地の画像
抗菌性 シックハウス症候群の原因は、空気中に放散される化学物質にあるとされていますが、実は、カビ・菌類の胞子も影響しています。
〈システィーナ〉の主原料である消石灰は強アルカリ性です。カビや雑菌の発生を防ぐ作用があり、清潔な室内環境を保ちます。
抗菌性
地の画像
防火性能 現代の建築物には、数多くの化学合成建材が使用されています。火災時にはそれらから発生する有毒ガスにより、被害が拡大してしまいます。
〈システィーナ〉の主原料は無機物です。火気に強く、高い防火性能を有し、燃えることはありません。
防火性能
Sistinaを使用した建築
地の画像
S社展示場 〈システィーナ〉のやわらかな風合いが、上質な空間を演出しています。 施工写真
標準仕様
正味重量・荷姿 20kg/袋
標準加水量 12〜13リットル
標準施工面積 約15m²
標準塗り厚 約1.5mm
可使時間 約24時間
施工要領
施工要領図
1 ボードジョイント部に〈MK目地材〉を埋め込み、ジョイントテープをたるまないように貼り付けてください。ビス穴にも〈MK目地材〉を埋め込んでください。
乾燥養生:10時間以上
2 〈MKプラスター〉は、コテむらを取り平滑に仕上げ(標準塗り厚:1mm)、十分に乾燥させてください。
乾燥養生:24時間以上(中1日置くと尚良し)
3 〈システィーナ〉を塗り付けます(標準塗り厚:1.5mm)。
〈システィーナ〉施工後は、水分の蒸発により結露しやすくなります。通風に配慮し、自然乾燥を行ってください。
エアコンなどによる急激な乾燥は、ひび割れの原因になるので避けてください。
戻る
ホーム建材肥料土木ミネラルフーズ研究開発会社情報石灰について採用情報お問い合わせ